焚火シーズン到来

漸く秋の訪れを感じられるようになったので、昼下がりの焚火を楽しみました。